乳がんに関する検診から治療、乳房再建まで乳腺外科
ナグモクリニック総院長 南雲医師が、詳しく解説。
ナグモクリニック総院長 南雲吉則
ナグモクリニック 総院長 南雲 吉則
(なぐも よしのり)
医学博士。日本乳癌学会認定「乳腺専門医」
昭和56年3月 東京慈恵会医科大学卒業。
東京女子医科大学形成外科研修、
癌研究会付属病院外科勤務、
東京慈恵会医科大学第一外科 乳腺外来医長を歴任。
平成2年医療法人社団ナグモ会 ナグモクリニック開設。
現在/同会理事長・ナグモクリニック総院長。
東京慈恵会医科大学外科学講座非常勤講師、
近畿大学医学部形成外科非常勤講師、
韓国東亜医科大学客員教授、中国大連医科大学客員教授。
乳がん関連著書多数。
ナグモクリニックは「東京・名古屋・大阪・福岡」に各院
を開設しています。ナグモクリニックHP>>


◆ナグモクリニック 総院長の南雲医師は、健康・乳がん関連などのセミナー、
講演に積極的に出演、参加しています。
南雲医師 関連/講演会・出版書籍 情報 他

はじめに

「メッセージ:乳がんと診断された方へ」

乳がんと診断されて、さぞ驚かれたことでしょう。
あたまが真っ白になって主治医がなにを話しているのかほとんどわからなくて、ただ手術の予約だけをして帰り道どこをどう歩いたのかもよくおぼえていなくて、自宅でふとわれにかえったとき不安と孤独感でとめどなく涙がこぼれたのではないでしょうか。

いままで病気らしい病気をしたこともないのに、親戚にも乳がんはいないのに自分の生活のどこがいけなかったのか。
よりによってなぜ自分が乳がんになったのか。つぎからつぎへと疑問が渦巻いては、それにたいする答えが見つからずにいらだっているのではないでしょうか。

がんはあなたを不幸の淵に落とし入れて、あなたはひとりその淵の中でもがいています。
これから進むべき道は手術であり抗がん剤であろうことは、ぼんやりとわかってはいるものの一寸先は真っ暗闇。
闇の世界にどんな得体の知れない敵が潜んでいるのやら、想像するだけでもおそろしく二の足を踏んでいるのではないでしょうか

でも耳を澄ましてください。
ほらききおぼえのあるひとの声が聞こえます。
あなたにやさしく話しかけています。
「いつもそばにいるよ。そして力になるよ」
勇気を持って目を開いてください。
家族がいます、パートナーがいます。友人がいます。主治医もいます。看護師もいます。患者会の人たちがいますみんながあなたに微笑みながら語りかけています
「いつもそばにいるよ。そして力になるよ」

ひとりでなれない夜道を歩くのはこわいです。でもだれかといっしょならこわくない。
それが信頼できるひとなら。その道のことをよくわかっているひとなら。
あなたの手をとってくれます。あなたのこれから進む道のともしびとなってくれます。
あなたにはもうゴールが見えるはずです。
そしてつぶやきます「乳がんなんてこわくない」

もしこのホームページを読んでもわからないことがあれば、私に連絡をしてください。
医師としてあなたの友人としておこたえします「いつもあなたのそばにいるよ そして力になるよ」