乳がん・乳房再建コラム一覧|ナグモクリニック 東京・名古屋・大阪・福岡

乳がん・乳房再建 ~検診・治療・手術~

メニュー

乳がん・乳房再建コラム一覧

はじめに

  • がんの三大原因
  • 細胞
  • 「10ミクロン」が1人の身体になるには
  • 細胞には命の導火線がある
  • テロメアの限界
  • がんの誕生秘話

詳しくはこちらより >>

乳がんの診断

  • 集団検診と精密検査
  • 間接診断と直接診断
  • 細胞診と組織診
  • 線維腺腫
  • 乳腺症とは
  • 乳がんの自己検診法

詳しくはこちらより >>

乳がんの病期(ステージ)

  • カタカナばかりのわかりにくい分類
  • 病期(ステージ)
  • 病期判定はあくまで目安
  • 早期がんと進行がん

詳しくはこちらより >>

乳がんの手術法

  • 乳がん治療の歴史
  • 乳がんは局所病? 全身病?
  • なぜ全摘が行われるのか
  • 第三の選択「皮下乳腺全摘術」
  • 予防的乳房切除術
  • 断端陽性で追加切除はなぜ必要か
  • 多発性乳がんに温存手術は可能か

詳しくはこちらより >>

リンパ節の郭清

  • センチネルリンパ節生検とは
  • リンパ節郭清
  • リンパ節はいくつ取ればいいのか
  • 非浸潤がんの腋窩リンパ節生検

詳しくはこちらより(準備中) >>

非浸潤がんの治療

  • がんという名のついた前がん状態
  • 非浸潤がんで全摘といわれて

詳しくはこちらより(準備中) >>

乳房再建

  • よりよく生きる
  • 自家組織かインプラントか
  • クローン人間
  • 自家組織法
  • 脂肪細胞移植
  • シリコンインプラントの寿命
  • 被膜拘縮
  • 乳房再建一回法
  • 乳房温存に乳房再建を併用するべきか
  • 健側乳房の修正
  • 再建乳房と豊胸術

詳しくはこちらより >>

乳がんの治療法の選択

  • エビデンスは誰のもの?
  • 情報の氾濫、そんなときどうするか?
  • 治療法と主治医は自分で選べ!
  • インフォームドコンセント
  • セカンドオピニオンとは
  • 情けは人のためならず
  • 入院や手術をせかされたら

詳しくはこちらより(準備中) >>

治療からの復帰(乳がんの術後)

  • 硬膜外麻酔
  • セレモニー
  • 麻酔から覚めたら
  • 4つの自立とは?
  • デイサージャリーの重要性
  • クリニカルパス
  • 家に帰ってから注意すること
  • タバコをやめよう
  • 職場復帰の必要性
  • 平熱と発熱
  • 皮膚の引きつれ
  • 乳がん手術後の肩こり
  • 術後しばらくしての痛みや腫れ

詳しくはこちらより(準備中) >>

乳がんの治療薬

  • 頭文字
  • 抗がん剤はやりすたり
  • ホルモン療法にはどのようなものがありますか?
  • 補助療法による更年期障害
  • タモキシフェンは子宮体がんになる?
  • 術前抗がん剤と術後抗がん剤、いいのはどっち
  • 抗がん剤の副作用はなぜ起こる
  • 乳がんの予後因子
  • 乳がん治療の新憲法
  • オンコタイプDX
  • 補助療法をするかどうかは自分で決めよう!

詳しくはこちらより(準備中) >>

再発の発見

  • 月とホルモンの関係
  • 閉経後乳がん
  • 術後の検診の目的

詳しくはこちらより(準備中) >>

リンパ浮腫

  • リンパ浮腫
  • リンパ浮腫の予防7カ条

詳しくはこちらより(準備中) >>

転移性乳がんの治療

  • 遠隔転移したときの補助療法
  • 乳がんにならない食事と生活
  • メタボリックシンドロームの教え
  • カロリー計算の誤り
  • 糖質はなぜいけないのか?
  • 野菜や果物は皮ごと
  • ゴボウ茶の勧め
  • 完全栄養
  • 脂と油はどのように使い分けるのか?
  • ドレッシングとサラダ油は捨てなさい
  • 依存性の塩、科学調味料
  • 狂った食品
  • タバコは百害あって一利なし
  • 過度の飲酒
  • ストレスはがんの原因?
  • ミトコンドリアを味方につける
  • 有酸素運動
  • 170引く心拍数
  • おなかがグーっと鳴ると
  • 外出はジョギングウェアで
  • 太陽礼拝
  • 悪魔くんと天使ちゃん
  • あと3年の命といわれたら

詳しくはこちらより(準備中) >>

キャンサーネット・ジャパン
キャンサーネット・ジャパン
http://www.cancernet.jp/
キャンサーネット・ジャパンでは、がん治療の最新情報やがんに関するQ&Aをご覧いただくことができます。
また、ボランティア医師によるEメールを利用した相談もご利用いただけます。


乳がん・乳房再建 メール相談